【漫画】ゴールデンカムイ2巻 第14話・15話ネタバレと感想 マンガ大賞2016 

こんにちは♩みさきです。
マンガ大賞2016が先ほど発表されましたね♩

今年の大賞は野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』でした。
個人的には「恋は雨上がりのように」押しだったんですけどね♩

それではマンガ大賞2016を獲得した『ゴールデンカムイ』のネタバレです!

日露戦争にて「不死身の杉元」と恐れられた兵士はゴールドラッシュで話題となった北海道にて埋蔵金を探しはじめた・・・

ゴールデンカムイ

電子コミックで読めるサイトが少ないんですが、スマホでもパソコンからでもアクセスできる【BookLive!】がオススメです!

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

【漫画】ゴールデンカムイ ネタバレ 第十四話「遠吠え」&第十五話「におい」

神」

▶︎『ゴールデンカムイ』前回のネタバレ

今日の獲物はカワウソでした

でも毒矢で捕った獲物は加熱しないと食べられません

つまり生の脳みそも目玉も食べられないということ

それをすまなそうに佐一にいうアシリパ・・あははそれは残念だなぁ~

しかしその後よくよく煮込まれたカワウソの頭蓋骨を

すすめられることになります

 

ある夜、オオカミの遠吠えがきこえた時

佐一は村の男からオオカミの話をきく

そういえばいままで二回おおきなオオカミに会ったな

そのアシリパを助けたオオカミの名は「レタラ」

かつてアシリパとアシリパの父が保護しいつもアシリパと一緒だったという

アシリパの父亡き後も・・・

しかしレタラはやはりオオカミだ

人間と共に住むことに耐えられなくなり

ある夜アシリパを小屋においていってしまった

寂しがりやのかわいそうな子

佐一はこの村にいて気づいたことがある

いかにアシリパが皆に愛されているかということを

そのまま佐一はアシリパをおいてある夜一人で村をでていった

佐一はまた梅子のことを思いだしていた

幼馴染の寅次の唯一残った小さな骨

それを届けた時、目がほとんど見えない佐一に梅子が

おそらく全身からする佐一の血の匂いをかいでいわれた言葉・・・

次の日佐一は花街で情報収集をしていた

そこで佐一はまた兵士たちにつかまってしまい・・・

 

そのころアシリパは佐一に超怒っていた

父の敵討ちになるからと向こうからいっておいて

協力して勝手にでていくなんて!!

とりあえず杉元がどこにいるか遠吠えをつかってさがすことに・・・

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

【漫画】ゴールデンカムイ 第14・15話 感想

佐一がアシリパはこのまま自分に巻き込まれずに村にのこったほうがいいと判断して村をでてってしまいました。そりゃアシリパとしては怒るの当然ですよね。なにをいまさら、アイヌの女なめんなよっってとこでしょうか。たくましいです。オオカミとだって友達だもんね!!そして町で情報収集中早速つかまる佐一、捕まるの早いな・・・一人でなんとか逃げられるかな?ではまた次回☆

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

<マンガ大賞2016>その他の作品

(カッコ内は獲得ポイント)

  1. 「ゴールデンカムイ」野田サトル(91)
  2. 「ダンジョン飯」九井諒子(78)
  3. 「BLUE GIANT」石塚真一(68)
  4. 「僕だけがいない街」三部けい(55)
  5. 「百万畳ラビリンス」たかみち(49)
  6. 「波よ聞いてくれ」沙村広明(43)
  7. 「恋は雨上がりのように」眉月じゅん(42)
  8. 「町田くんの世界」安藤ゆき(38)
  9. 「東京タラレバ娘」東村アキコ(29)
  10. 「岡崎に捧ぐ」山本さほ(28)
  11. 「とんかつDJアゲ太郎」イーピャオ/小山ゆうじろう(25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。