【漫画】ゴールデンカムイ2巻 第8話・9話ネタバレと感想 マンガ大賞2016 

こんにちは♩みさきです。
マンガ大賞2016が先ほど発表されましたね♩

今年の大賞は野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』でした。
個人的には「恋は雨上がりのように」押しだったんですけどね♩

それではマンガ大賞2016を獲得した『ゴールデンカムイ』のネタバレです!

<スポンサーリンク>

日露戦争にて「不死身の杉元」と恐れられた兵士はゴールドラッシュで話題となった北海道にて埋蔵金を探しはじめた・・・

ゴールデンカムイ

電子コミックで読めるサイトが少ないんですが、スマホでもパソコンからでもアクセスできる【BookLive!】がオススメです!

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

【漫画】ゴールデンカムイ ネタバレ第八話「逃走」&第九話「窮鼠」

▶︎『ゴールデンカムイ』前回のネタバレ

佐一とアシリパは今日も山でウサギを捕まえていた

佐一に生のウサギの目玉をすすめるアシリパ

正直いって気が進まない

するとアシリパはムッとした顔になる

どうやらアイヌでは目玉はその獲物をとった男だけが

食べていい貴重なものらしい

しょうがなくたべる佐一・・オエッ

今日はウサギのほかにきのこも一緒に煮込んだ鍋

これはリスよりおいしいかも

そのとき佐一は思いついた

これって絶対味噌と合うはず!!

そして自分のもっている味噌をとりだす

どうやらアシリパは味噌を知らないらしい

味噌をみたとたん「う○こだ!!」と叫んだ

佐一が否定するもアシリパは結局味噌を食べることはなかった

そして味噌をおいしそうに食べる佐一に軽蔑の目をむけてその日の夕食は終わった

そのころ佐一たちのいる山の中では先日、北鎮部隊の兵士を助けたこれもおそらく兵士と思われる男共が調査をしていた

いまだに北鎮部隊の兵士は話せる状態ではない

ただ一度目が覚めたとき指で「ふじみ」という文字をかいたそうだ

そして佐一たちはとうとうそいつらに見つかってしまう。

相手はスキーで佐一たちを追いかけてくる

正直このままではすぐに追いつかれてしまう

逃げきれないと判断した佐一はアシリパと別々に逃げることにする

おそらくあいつらは子どもではなく大人の佐一を追ってくるだろう

佐一はアシリパに亡くなった囚人の入れ墨の皮をはいだ「刺青人皮」をもたせ

万が一捕まったときは抵抗せずに相手に渡すようにいった

そして別れて走った

しかしアシリパも佐一も敵に見つかり追いつめられてしまい・・・

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

【漫画】ゴールデンカムイ 第8・9話 感想

前半のウサギクッキングはなかなか面白かったです。

やはりあの目玉をすすめられ食べた佐一の顔が最高。また自分の皿に味噌をいれておいしそうに食べる佐一をみたアシリパの「うわーコイツ、う○こをこんないい顔で喰っちゃってるわー」という顔がなんともナイスでした。

シリアスな漫画にもかかわらずこういった遊び(?)のシーンがあるのがいいです。さて後半はやっぱりまた追いかけられるという・・・今回は人数もいままでと違って1人じゃないからな~このピンチは次回に続きます

⇨ゴールデンカムイをチェックする
(クリックして「ゴールデンカムイ」で検索!)

<マンガ大賞2016>その他の作品

(カッコ内は獲得ポイント)

  1. 「ゴールデンカムイ」野田サトル(91)
  2. 「ダンジョン飯」九井諒子(78)
  3. 「BLUE GIANT」石塚真一(68)
  4. 「僕だけがいない街」三部けい(55)
  5. 「百万畳ラビリンス」たかみち(49)
  6. 「波よ聞いてくれ」沙村広明(43)
  7. 「恋は雨上がりのように」眉月じゅん(42)
  8. 「町田くんの世界」安藤ゆき(38)
  9. 「東京タラレバ娘」東村アキコ(29)
  10. 「岡崎に捧ぐ」山本さほ(28)
  11. 「とんかつDJアゲ太郎」イーピャオ/小山ゆうじろう(25)