【漫画】タブーを犯した女たち~鬼畜~ ネタバレと感想 妻のような娘

こんにちは♩みさきです。
伊東爾子さんの漫画『タブーを犯した女たち~鬼畜~』を読みました。

<スポンサーリンク>

この先ネタバレもあります♩
先に無料本編を楽しみたい方はクリックしてくださいね!

『タブーを犯した女たち~鬼畜~』はHandyコミックで読むことができます。無料試し読みもあるので是非チェックしてくださいね。

⇨漫画『タブーを犯した女たち~鬼畜~』
※クリックしてトップ画面の検索窓に「タブーを犯した女たち」と入力して検索してくださいね。

またBook Liveでも読む事ができます。パソコンからもアクセスできますよ♩
⇨Book Live

【漫画】タブーを犯した女たち~鬼畜~ ネタバレ

小3にして妻のように父親の世話を焼く異様な子供

私の母はいわゆるスナックのママという仕事をしていて

当時27歳だった私はその店を手伝っていました

これはその時店の常連客としてきていた西尾という男性とその娘エリカの話です

西尾は当時30代半ばで建設会社で働いていました

4人の幼い子供がいましたが妻とは別れ子供は全員西尾がひきとって育てていました

おまけに西尾は寝たきりの父も抱えていました

普通に考えれば西尾一人で5人の家族を養いながら

寝たきりの父の面倒をみながら

家のこともやるなんてできることではありません

しかも一番上の子供はまだ小学生のはずなのに・・・

私は正直いって西尾一家がどうやって生活できているのか不思議でした

それがある晩少しわかったのです

その日西尾は長女のエリカをお店に連れてきました

まだ小3のエリカは体格がよくお世辞にもかわいい顔をしているとはいえませんでした

しかも態度もなんだか小3とは思えない

もっと年上のような落ち着きをもっていました

「ねぇお父さんの水割りないよ  作ったげて」

「これお父ちゃんの好きな歌や!コレとコレいれて!」

小3なのにまるで妻のようにホステスのように父の世話をするエリカ

なんだかその光景は異様に感じられました

エリカはじつは学校にいっていませんでした

家では幼い子供と寝たきりの祖父の世話

おまけに夜は父親に居酒屋に連れまわされる日々

今日も学校に行けなかった でもどうせ学校にいったっていじめられるだけ

エリカには友達もいませんでした

担任の先生が何回か訪問したこともありましたが

父親は担任を殴りつけました

結局小学校の卒業式でさえもエリカは出席できませんでした

それから中学生になったエリカと私はしばらく疎遠となっていましたが

ある日 再会するのです

場所は区役所 そのとき私はエリカのお腹が少し膨らんでいるように感じました

じつはこのときエリカは妊娠していました

まだ中2のエリカ その赤ん坊の父親は実は・・・

【漫画】タブーを犯した女たち~鬼畜~ 感想とレビュー

「子育て」と「介護」がネックになっている現代社会。

しかも離婚率は毎年上昇しているそうです。

周りにシングルマザーの1人や2人目珍しくないです。

そして時にはシングルファザーも・・・親ができない部分は子供になにかしらの負担がやってきます。

この漫画にでてくるエリカのように。もっとこんな家族を助けられる社会になれば西尾家のような状態は起きないと思うんですけど・・・

難しい問題ですね。

私は電子コミックで漫画を読んでいます♩

⇨漫画『タブーを犯した女たち~鬼畜~』
※クリックしてトップ画面の検索窓に「タブーを犯した女たち」と入力して検索してくださいね。

またBook Liveでも読む事ができます。パソコンからもアクセスできますよ♩
⇨Book Live