外面が良いにも程がある。1話 あらすじと感想

こんにちは。みさきです♩

外面が良いにも程がある。1巻完結なので読みやすいです。

1話 「外面が良いにも程がある。」のあらすじ

人間誰だって「裏の顔」ってある
愛想よく 外面よく してたほうが世の中生きやすいわけで

外面男の瀬高。元カノのマミとセッティングした合コン。

瀬高は早速点数をつける。元カノマミ70点。他、50点 45点 20点。

なぜか20点女の吉野さんの事が気になる。。。

それはきっと外面男だからなのかもしれない。

自分の意とは反してどんどん吉野さんにはまっていく外面男瀬高。

吉野さんに冷たくされて落ち込む瀬高。

今までなら見向きもしなかったタイプの女性に翻弄される瀬高。

そんな二人のラブストーリー。

20点の地味女だった吉野さんの秘密が明らかに!

腹黒い女は元カノのマミなのかそれとも吉野さんなのか。。。

 

1話 「外面が良いにも程がある。」の感想

 

20点と採点した吉野さんにはまっていく瀬高の心の揺れがすごくリアル。

外面男なんだけど本当は純粋でピュアなハートの持ち主なのかもしれません。

「こんな愛され方したいよ〜」

一方地味女の吉野さん。

人の仕事まで請け負って真面目で純粋かと思いきや。。。

秘密の爆弾発言があります。

女の怖さを思い知りました。。。。

仕事では腹黒い一面はあるけど、恋愛ではきっと純粋なんだろうな。。。

と思いたいけど、やっぱりあの秘密をばらされたら恋愛も計算づくなのか。と疑ってしまう。

苦いようで甘い純愛ラブストーリーです❤️

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です