【漫画】恋と怪モノと生徒会 第4話 ネタバレと結末

こんにちは♩みさきです。
恋と怪モノと生徒会』を読みました♩
普通の人には見えないモノが見える桜、高校生デビューで普通の友達を作ると決意するけれど!?妖怪ラブファンタジーここに始まり☆

▶︎恋と怪モノと生徒会 3話ネタバレ

<スポンサーリンク>

恋と怪モノと生徒会

「あのコの、トリコ。」が50万部の大ヒットを記録した白石ユキ先生最新作は運命の恋×生徒会×妖・・・!?のファンタジックラブ。幼い頃から妖怪が見えるせいで苦労してきた女子高生・桜。そんな桜の前に、「お前を護る」と5人のイケメン生徒会が突如現れて?5人の男子がヒロイン・桜を奪い合う、逆ハーレム状態・・・でも、彼らには誰にも言えない秘密があったのです。イケメンキャラ、盛りだくさんで贈る運命のラブストーリー!!

今なら1巻が無料で読めちゃうのでネタバレを読む前に是非本編をチェックしてくださいね!

⇨漫画『恋と怪モノと生徒会』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「恋と怪モノと生徒会」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】恋と怪モノと生徒会 ネタバレ【生徒会と妖

犬神の炎が漆黒に変わった瞬間

現れたのは夢であった白銀の耳をもつ妖でした

私がまだ犬神の手の中にいるのに

おかまいなしに白銀の妖、炎をだして攻撃してきましたよー

あっっつ・・熱くない?

熱いどころか温かい・・まるで包み込まれているような

私は白銀の妖の腕に包まれていました

このぬくもりを私は知っています

火宮会長・・・

あなたは妖だったのですね

結局そのまま犬神は逃げていきました

犬神が消えたあと会長の体に異変がおこりました

犬神にやられたダメージが残っていたのです

炎が体を焼き尽くそうとします

私は会長を助けたい!!ということしか考えられませんでした

すると焼き払われた千本桜がひかり

気づけば会長の炎が消えていました

正直なにが起こったのか自分でも覚えていません

というかなにか自分以外のものが入ってきたような?

すると会長は私を抱きしめ

「会いたかった、姫」と愛おしそうに囁きました

そこへ「桜姫」という声が聞こえました

この声はほかの生徒会の皆様の声・・・

しかし彼らの姿をみて私はぎょっとしました

・・・アナタ達も妖怪だったのですね。

そして彼らの姿もまた夢でみた人物たちと同一人物でした

この学校なんて妖怪であふれているんでしょう

結局人間以外と友達に・・・

ってなことを考えていると

彼らは皆、私を見つめ口をそろえていいました

彼らはこの千本桜とともに「ずっとまっていた」と・・・

いまから千年前、彼らは一人の姫君と運命を共にしていたというのです。

そしてその姫君の生まれ変わりがこの・・えっ私なんですか!?

⇨漫画『恋と怪モノと生徒会』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「恋と怪モノと生徒会」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】恋と怪モノと生徒会 第4話の感想

前回の話で会長=白銀の妖というのはイメージついてましたけど、なんと他の生徒会の皆様もお仲間だったみたいです。

桜、残念だったね人間の友達じゃなくて☆さて気になるのは千年前の姫様と彼らの関係。会長はもう恋というより愛のレベルだと思いますが他の皆様はどうなんでしょうね。

イケメンの中に姫が一人、やっぱ皆姫様のこと恋愛対象としての好きなのか、いやそれとも執事がお嬢様に仕える感覚の好きというか・・・いや今のところでてくるのは会長ばかりなんで今後他の生徒会の方々のキャラクターがどんなかんじなのか楽しみです。

⇨漫画『恋と怪モノと生徒会』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「恋と怪モノと生徒会」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

▶︎恋と怪モノと生徒会 4話ネタバレ