【漫画】悲しみの骸(むくろ)2話 ・3話 ネタバレと感想 夢のような時間は・・・

こんにちは♩みさきです。
『悲しみの骸』を読みました♩

幼いころ姉と母が燃える家をみて、その炎があまりにも「キレイ」だと思った私はきっとアクマである・・・

<スポンサーリンク>

人類は破滅に向かって突き進んでいる―――。国民的大ヒット作品『生徒諸君!』の作者・庄司陽子氏が温めてきた、美しくも悲しい人類救済ストーリー! 地 球温暖化や異常気象、並びに貧困、病気、宗教、テロ、国家強欲主義などのグローバルな問題を抱える人類に、人間本来の在りようを提起する!波乱万丈の主人 公・希の人生を軸に、猛烈ドラマがさく裂します。

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!1巻無料で読めます♩

⇨漫画『悲しみの骸』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「悲しみの骸」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】悲しみの骸 ネタバレ 第二話 甘い罠

会社の取引相手の会社社員宮本 貴史さんに誘われた映画

無事映画を見に行ったあと貴史さんは食事に連れて行ってくれました

場所は高級フレンチ

こんな高そうなお店にはいるなんて生まれてはじめてなので

マナーもろくに知らない私はただただ緊張していました

貴史さんは慣れた手つきで料理とワインを注文します

そのまま自宅までも車で送ってくれました

すると帰り際自宅にいれてくれないかといわれました

私は断りました

すると貴史さんは私にキスしてきました

そしてそのまま帰っていきました

彼は私に本気なのかしら・・・もし本気なら私・・・

その日からすぐ仕事中にまた貴史さんからデートの誘いがきました

仕事終業後に待ち合わせ場所はとある高級ホテル

私はOKしつつも内心焦りました

どうしよう、今日こんな服なのに・・・

私は定時になるとそそくさと会社をでて服屋をさがしました

服は見つかりましたが結局服にあわせたバッグも買うことになりなりました

大出費です、カードを分割払いにしてなんとかしました

貴史さんは私をみるやいなや「似合っている」と褒めてくれました

やはり買ってよかったです

そのまま私たちはディナーとお酒を堪能し私は酔ってしまいました

すると貴史さんは酔った私をやさしく介抱してくれて・・・

【漫画】悲しみの骸 ネタバレ 第三話 幸せの絶頂

ホテルでのディナーを食べ、すっかり酔ってしまった私を

貴史さんは部屋をとってあるといって案内しました

私たちは部屋にはいるとすぐにキスをしました

私はキスだけで立てなくなりました

そんな私をお姫様だっこでだきかかえ貴史さんはベッドの上に

優しくおろしてくれました

それから私の服をゆっくりと脱がしていき

私たちは抱き合いました

私は「愛してる」といいました

貴史さんは「僕もだよ」といってくれました

このとき私は幸せの絶頂にいました

それから何時間後のことだったでしょう

貴史さんはそそくさとシャワーをあびるといってたちあがりました

そしてなんと自分には妻と子どもがいるといったのです

そんな・・・

貴史さんはまったく悪いことをしたなんて顔はせずに結婚と愛は別だからともいいました

私はショックでしたが貴史さんのことを愛してしまったので

このまま別れるくらいならこの関係を保ちたいと思いました

それからも貴史さんとの関係はつづきました

そしてある日私は妊娠しました

もちろん相手は貴史さんです

ずっと天涯孤独だった私に家族ができる

私はうれしかったです

貴史さんに報告すると、少し予想もしていましたが

喜んではくれませんでした

私は平気でした、べつに認知してくれなんて頼む気もありません

一人で育てていけばいいのです

しかし貴史さんはそれでも認めず「堕ろせ」といってきて・・・

【漫画】悲しみの骸 感想

絵も話も現代というより昭和やバブルの時代を感じます。

男に興味がないといっていた主人公、こうゆう人にかぎっていざ男にはまってしまうものです。

ハマッた男がいい男だといいんですが・・・宮本は初デートで家にいれろで断ればキスしてくる相手です、なんかあんまりいいイメージないですね。

主人公はさすがにびっくりしたみたいですが、べつに悪い気はしなかったみたいです。

そして宮本に合わせるために普段より上の服を買うなどどんどん背伸びをはじめましたね。

金銭感覚に影響するくらいの恋は危険な気がします。さておそらく予定どおりに主人公を酔わせた宮本、このあとホテルの部屋もばっちりとっております。

そしてやっぱりこの男最低なやつでした。

体の関係になったあとに妻子がいるとかいうところがクソですね。

もう主人公が自分に夢中なのをわかってからいうってのが。前恋人はいないかきかれたけど妻子がいるとはいわれなかったから的な口ぶりがまたイラつきます。

しかも妊娠したのもアンタがちゃんと避妊しなかったせいだろというところを「これだから女ってやつは」って女の体は妊娠するように作られているんだよバカ野郎!!ってかんじです。

こんなやつ奥さんに浮気がばれて慰謝料とられて捨てられればいいのに・・・と漫画相手に思ってしまいました。

⇨漫画『悲しみの骸』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「悲しみの骸」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする