【漫画】胸が鳴るのは君のせい 1巻4話 ネタバレと感想

こんにちは♩みさきです。
『胸が鳴るのは君のせい』を読みました♩

中2の時転校してきた有馬を好きなつかさ、周りから絶対両想いといわれ告白をいざするけれども・・・!?

<スポンサーリンク>

胸が鳴るのは君のせい

中2の時に転校してきた彼のことがずっと気になっていたつかさ。卒業間近の中3の冬に勇気を出して告白したけれどあえなく玉砕…!!!なんか普段からよくしゃべっていてほかの子よりも自分に素顔を見せてくれてる気がして友達も「両思いじゃない?」なんて言うし、自分でも本当に好きだしすごくすごく期待して告白したら「そんなふうに思ったことなかった」ってズバッとフラレてしまった。。。そんな女の子の、片想い奮闘記☆仲のいい友人(!)を友人としてなくしたくないし、けど優しくされるたびどんどん好きになって苦しくなっていく。そんな思春期の一大事を丁寧に描いた作品です。

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!

⇨漫画『胸が鳴るのは君のせい』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「胸が鳴るのは君のせい」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】胸が鳴るのは君のせい ネタバレ 第四話 デート

▶︎胸が鳴るのは君のせい  3話のネタバレ

遊園地にいくことになったつかさ、有馬、長谷部そして有馬の元カノ麻友

遊園地では常に麻友が有馬のとなりを独占状態

でもやっとランチの際の買出しで有馬と二人きりのチャンスがやってきました

そこで有馬におもいきって元カノに未練があるかをきいてみると

未練がないということで少し安心しました

しかも続けてつかさの告白は迷惑だったかと問うと

「うれしかった、ありがとう」といってもらえちゃって素直にうれしいです

でもうかれたのもほんのつかの間でした

やっぱり麻友と有馬の間には自分が入れない絆のようなものが

あるように感じてしまい、二人をみているのが辛くなってきます

そして気分の悪くなった病弱なカノのために私はひとりで水を汲みにいきました

そのとき偶然、階段から小さな子がおちてきて

私はその子を受け止めるような形で倒れてしまいます

とりあえすその子が無事でよかったのですが

気づけば有馬が目の前にいて私を心配したのか必死な顔をしていました

有馬は無言で私を手当てしながらなぜか震えていました

その顔をみて私は有馬のせいじゃないから

「大丈夫だから」と精一杯の笑顔をむけました

そしてその日は麻友の体調不良により解散となりました

次の日、麻友ちゃん体調だいじょうぶかなーと

思っていると放課後校門になぜかあの麻友がいて!?

【漫画】胸が鳴るのは君のせい 感想

目の前で好きな人と元カノがくっついている姿をわざわざ見ることになるとは、つかさってばMですか?

ちなみにチャラ男の長谷部くんと麻友ちゃんはいとこ同士、たれ目具合が似ています。

二人とも恋愛に関しては上級者オーラ(?)です。

有馬も有馬ですよーよく最近ふったけどいまだに自分を好きな女子と元カノとついでにそのいとこと遊園地デート承諾しちゃうの・・・有馬は元カノに未練はなくてもなんか違う感情、守ってやらなきゃ的感情は見えるので過去に二人の間で怪我か病気にかかわることで有馬が責任を感じることでもあったのかもしれませんね。

なんだかんだで遊園地では有馬自身つかさに惹かれた場面があったので次回に期待です☆

▶︎「胸が鳴るのは君のせい」ネタバレ続く

⇨漫画『胸が鳴るのは君のせい』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「胸が鳴るのは君のせい」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです