【漫画】脳内ポイズンベリー ネタバレと感想 頭の中が大騒ぎ

こんにちは♩みさきです。
水城せとなさんの漫画『脳内ポイズンベリー』を読みました。

<スポンサーリンク>

この先ネタバレもあります♩
先に無料本編を楽しみたい方はクリックしてくださいね!

⇨漫画『脳内ポイズンベリー』は無料試し読みがあります。
※クリックしてトップ画面の検索窓に「脳内ポイズンベリー」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】脳内ポイズンベリー ネタバレ

これはもしかしたらアナタの脳内でも日々起こっているかもしれないことだ

「では多数決をとろう」

そう言って吉田はめがねをクイッと上にあげながら皆に問う

「声をかけたほうがいいと思う人!」

石橋とハトコの二人が挙手した

「かけないほうがいいと思う人!」

池田と吉田自身が挙手

これで2対2だ

さて手をあげてないのは岸のみ

この命運は彼の意見で決まる

「岸さん挙手してください」

しかしそれに岸は「私は記録係ですから」といって拒否

そのとき石橋が会話に割り込んできた

「吉田さんなんで反対なんだよ!」

それに対して少々ムッとしながらも

キッパリと吉田は答えた

「全く親しくない男に声をかけるなんて自分のキャラじゃないからだ!」

さてここまでのあらすじを読んだあなた

彼らが何について多数決をとっているか

また彼らが何者なのか理解できなくても無理がないと思う

まずこの多数決は会議室で起こっていることじゃない

ある女性の脳内で起こっていることだ!(言い方が古くてスイマセン)

じつは彼らは脳内で本体である人間の思考判断や感情をコントロールしている存在

そのメンバーは全部で5人

吉田(リーダー的存在のメガネ)

池田(クール系女子)

ハトコ(ロリータ系女子)

石橋(単純系男子)

岸(執事系老人紳士)

そして彼らの今回の多数決の議題は

本体である女性が今 気になる男性の近くにいるのだが

その男性に勇気をだして話しかけるべきか否かということ

ちなみにその男性とは先日呼ばれた飲み会で出会ってはいる

ただお互いそのときは話す機会はなかった

女性の方(彼ら)は覚えてはいるが

男性の方は覚えていないだろう・・・

そして本体の女性はこのとき考えていた

(あぁ どうしよう 頭の中が大騒ぎだ)

そりゃそうだ

今彼女の脳内では

皆がこの前の飲み会での出来事を思いだしながら5人が5人好き勝手なことをいっている

さて彼女もとい脳内メンバーの判断はいかに!?

【漫画】脳内ポイズンベリー 感想とレビュー

最近海外でつくられた似たような脳内キャラクター達設定の映画がヒットしましたよね。

私自身みたんですが面白かった!そしてこの漫画も!!

科学的ではないかもしれませんが、人間の脳では確かにこんなことが起こっていてもおかしくないと思います。

そんな考え方がまた面白くあと皆普通にそのへんにいる日本人の苗字だったり名前だったりするのが面白いです。

私は電子コミックで漫画を読んでいます♩
コミなびなら、会員登録不要の無料試し読みがあるので是非チェックしてみてくださいね!
⇨コミなびはこちらから。

(※クリックして「脳内ポイズンベリー」で検索)

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする