お父さん、チビがいなくなりました ネタバレと考察 結末は?

お父さん、チビがいなくなりました ネタバレと考察 結末は?

こんにちは。美咲です♩

西炯子先生の大ヒットコミック「お父さん、チビがいなくなりました」

2回にわたりネタバレをしましたが、とても評判が良いです。

⇨「お父さん、チビがいなくなりました」ネタバレはこちら

お父さん、チビがいなくなりました あらすじ(おさらい)

「お父さん、チビがいなくなりました」は60代老夫婦のお話です。
老夫婦というにはまだ若い??

主人公は63歳のおばあちゃん。
無口な頑固おじいさん(旦那)と愛猫のチビの二人と1匹でのんびり平和にくらしていました。

ところがおばあさんは密かにおじいさんと暮らすことに疑問を感じていて離婚を考えているのでした。

そして引き金になったのは、愛猫チビが家に戻らなくなったことがきっかけでした。

3日経っても帰ってこず心配しているおばあさん。
おじいさんに言うも「死に目は人に見せない」など言い心配などしてない雰囲気。

ですが、陰ながらおじいさんも心配でチビの事を探していました。
その思いはおばあさんには伝わらず溝が深まるばかり。

いてもたってもいられないおばあさんは、ペット探偵にチビの捜索を頼むことにしました。

そのペット探偵がイケメンでおじいさんは密かに嫉妬しています。
そんなおじいさんですが、おじいさんも別の女性と頻繁に会っていることが発覚!

チビの事、女性の陰を悟ったおばあさんはついに離婚を切り出します。

事が重大になり始めて向き合うおじいさんとおばあさん。
二人はお見合い結婚だったため、今までお互いの気持ちをちゃんと話した事がなかったんです。
向き合う事でわかる真実と二人の思い。

お互いに思い合ってる事を再確認できた二人はハッピーエンドで、チビもちゃんと戻ってきました。

お父さん、チビがいなくなりました を考える。

この物語は老夫婦の他に娘の菜穂子の恋愛事情も描かれています。

恋愛すること、結婚すること、夫婦であり続けること、お互い思いやることの大変さと素晴らしさ同時に感じることができる感動作です。

途中恋愛や結婚することに少々身構えてしまう内容でもありますが、最後はほっこり。「結婚っていいな」「夫婦っていいな」「家族っていいな」と思えますよ。

1巻完結なので是非電子コミックで読んでみてくださいね。
登録なしで試し読みもできるので利用してみてください。

>>『お父さん、チビがいなくなりました」はこちらから<<
無料お試しお父さん、ちびが」で検索!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です