少女漫画 毒姫 ネタバレと感想 1巻

毒姫 ネタバレ 1巻 少女漫画のあらすじ

少女漫画 毒姫のネタバレです。
三原ミツカズさんの悲しくも美しい物語です。

 

毒姫 概要

この漫画の世界には毒姫と呼ばれる少女たちがいます。
少女たちは赤ん坊のころから毒を飲まされ体液自体が毒と化します。
もちろん毒姫以外の普通の人間がそれに触れれば、死に至ります。
それは愛しい人でさえも…敵国に兵器として送り込まれる美しい毒姫たちの悲しい物語です。

 

毒姫 あらすじ 少女漫画

毒姫 ネタバレ 1巻

私は毒姫この腕は何も抱くことを許されない、愛しい者であればあるほど

幼いころから毒姫として育てられたリコリスの夢には炎ができてきました。

あれはいったいなんだろう。

それがある日明らかになります。

それは裏切者の始末を依頼されたときのこと、裏切者を焼き殺すために焼け野が原へ行ったリコリスがみたものはあこがれの先輩毒姫のベラドンナでした。

彼女は敵国に送られたのですが、任務を失敗した上に逃亡したのです。

ベラドンナを焼くことなんてできないというリコリス。

しかしベラドンナに「火をつけたら振り向かないで走りなさい。絶対見てはだめ、行って!!」と強い口調でいわれ…

ベラドンナを失い悲しみが止まらないリコリス、しかし悲しみに浸る暇もなく送られる国がきまったと知らせをうけます。

送られるのはグランドルという国でした。

その後焼け野が原へ再度行き、ベラドンナを思い出しながら覚悟をきめるリコリス。

(失敗は許されない、殺して殺されるか。殺して生きのびるか)

 

毒姫 ネタバレ 1巻の結末

平和な王国グランドル。

リコリスはその国の雰囲気や城で働く人々から人望厚き王の話をきくうちに、王を暗殺することを悩みはじめます。

それでも失敗は許されないと王のワインに自分の血を混ぜます。

しかし王はそのワインを飲んでも普通通り、動揺するリコリスは王と次男のマオに呼び出さマス。

そして自分が毒姫ということがバレ…王から刃を向けられます。

 

⇨漫画『毒姫』は無料試し読みがあります。
※クリックしてトップ画面の検索窓に「毒姫」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です