ちいさいひと青葉児童相談所物語 第3巻 震災特別編

『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』第3巻は
2011年3月11日に起きた東日本大震災の事を題材に書かれた【震災特別編】になっています。

震災特別編は全5話で構成されています。

  • 第1話 避難
  • 第2話 足止め
  • 第3話 応援
  • 第4話 安否確認
  • 最終話 決意

『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』は電子コミックサイト【まんが王国】で独占配信されています。

⇨【まんが王国】はこちらから(サイト内で『ちいさいひと』と検索!)

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 第3巻 震災特別編 あらすじとネタバレ

ちいさいひと 第3巻は震災の壮絶な風景から始まります。

2011年3月11日 津波が街を飲み込みます。
押し寄せる津波から逃げる母と子

「ママー!たすけて!!」
逃げる途中で転んでしまう息子

逃げ惑う人々に飲み込まれそうになる
息子に手を差し伸べる母…..

子育てに不安を感じていた母は
一瞬頭によぎってしまう
「この子が…いなければ..」

一方児童福祉司の健太も同じように地震の揺れを感じていた。
一時保護所の子供達の安全を確認た。

数日後、津波被害に遭った被災地で児童福祉司の応援募集があると聞き、所長に志願するが経験が浅いので却下される。
そして代わりに、今まで休んでなかった分の長期休暇を言い渡されるのだ。

休暇を言い渡された健太は途方に暮れるのだが、「休暇を利用して被災地に行く!」事を閃くのだ。

石巻児童相談所に行った健太が見た光景は?

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 第3巻 震災特別編 あらすじ

ちいさいひと 第3巻震災特別編は、東日本大震災の壮絶な風景が描かれています。
自分たちも被災者でありながらも、子供達を必死で守る児童福祉司の姿。

また、津波に飲み込まれそうになりながら子供の手を離してしまおうか。。。とかんがえてしまう母親の葛藤。

それでも困難に負けず最後まで子供を守り続ける母親の姿。

涙なしでは読めませんでした。

あの日の悪夢のような光景をリアルに描き、地震・津波などの自然災害の恐ろしさも伝わってきます。

そして子供への深い愛情。

私たちが決して忘れてはいけない事が描かれています。

震災の事を忘れそうになってる今だからこそ読んでもらい3巻震災特別編でした。

『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』は
電子コミックサイト【まんが王国】で読む事ができます。

>>>バナーをタップ<<<

まんが王国のサイトから「ちいさいひと」で検索してくださいね。
無料試し読みもあります♩