【漫画】絶望ニューハーフ~僕と私・間違った性自認~ ネタバレと感想

こんにちは♩みさきです。
『~僕と私・間違った性自認~』を読みました♩

タイトル作絶望ニューハーフ他、彼女は見切り品、優しい姑等、女をテーマにした、まるいぴよこ先生の作品集です。

<スポンサーリンク>

実体験をコミック化した問題提起作品を人気のまるいぴよこがお届けします。表題作「絶望ニューハーフ~僕と私・間違っていた性自認~」は、女性になろうとした男性が手術後に覚えた違和感に気づいて……。性的マイノリティーの人たちの苦悩を作品化しました。このほか、職場の色ボケ年増の目撃談「彼女は見切り品」、親切にしてくれる姑の裏の顔を知った主婦の恐怖を描いた「優しい姑」、リストラ夫が引き起こした職場トラブルを描いた「パート夫」、同居の嫁に潜む悪意を描いた「嫁と姑の本音」など全5作品を収録。 ※「絶望ニューハーフ~僕と私・間違っていた性自認~」は「僕と私」を改題したものです。重複購入にご注意ください。

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!1巻無料で読めます♩

⇨漫画『絶望ニューハーフ』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「絶望ニューハーフ」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】絶望ニューハーフ~僕と私・間違っていた性自認~ ネタバレ

私は本名中井 誠、通り名はマコ、ニューハーフです

4人家族の次男として育ちました

子供のころから小さく色白で女っぽい顔立ちをした私は周りからよく

女の子と間違えられて育ちました

自分が性に対して意識したのは中学生のころでした

初恋が同級生の男の子だったのです

でももちろんそれが変であることは知っていました

その同級生とは中学のころはクラスが違ったので喋る機会が

なかったのですが同じ高校への進学、同じクラスになったことで

よく話すようになりました

でも友達以上になるなんてとても無理です

そんなときテレビで性同一性障害のことを知りました

もしかしたら自分はコレなのかも、男の子が好きなのは障害のせい

手術をすれば自分も本物の女の子になれる

それならこの同級生とだってちゃんと付き合えるかも・・・

しかしその同級生にある日彼女ができてしまいました

それ以降その同級生は彼女といる時間がふえ

私といる時間がへりました、くやしかったです

ある日誰もいない教室でその同級生のいすにおいてあったブレザーのジャケット

私はついそれを抱きしめて匂いをかいでしまいました

そのときでした

その同級生本人とクラスメイトが一緒にはいってきて

私はその現場をみられてしまいました

それ以降校内で私のことはすぐに噂になりました

机には変態やホモとかかれ、私は居場所をなくしました

それをきっかけに家族にもカミングアウトすることとなりましたが

家族は責めるばかりで私の障害について理解することはありませんでした

私は結局転校し、卒業と同時に家をでました

そして私がみつけたのはニューハーフという道でした

そこには自分と同じような仲間がいて私は勧められるままに

女性ホルモンの注射をはじめ少しずつ体を女性にしていきました

しかしやればやるほど次第に自分の体に気持ち悪さを感じてしまうのはなぜ!?

【漫画】絶望ニューハーフ 感想

私は心も体も女です。しかし世の中には体は男で心は女だったりその逆だったり、心も体も男だけど好きになるのは男性などで悩みを抱えていきている人がいっぱいいます。

この漫画の主人公であるマコもその一人、思春期のころ誰にも理解してもらえなかった悩み、大人になれば簡単に解消すればいいんですけどね・・・

⇨漫画『絶望ニューハーフ』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「絶望ニューハーフ」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です