【漫画】愚者の皮 ―チガヤ編― ネタバレと感想 歪んだ愛が起こした悲しい事故

スポンサーリンク

こんにちは♩みさきです。
愚者の皮 ーチガヤ編ー』を読みました♩

社会はコミック誌ストーリーな女たちに連載された『愚者の皮 ーチガヤ編ー』が1冊になって登場しました!

前作「愚者の皮」の待望の続編です!

超話題作「愚者の皮」の待望の続編が登場! 前作のヒロインあよの妹・チガヤが本作では主人公となり、大金持ちだが世にも醜い見た目の男・セキのもとへ花嫁として売られるところから物語は始まる――。「嫉妬」という名の檻に閉じ込められたチガヤの運命やいかに!? 美醜をテーマに真実の愛の形を問う衝撃の新シリーズがついに幕を開ける!

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!無料試し読みもあります♩

⇨漫画『愚者の皮 ーチガヤ編ー』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「愚者の皮」と入力して検索してくださいね。

【漫画】愚者の皮 ーチガヤ編ー ネタバレ

兄たちによって山主のセキという恐ろしい顔の男のもとに嫁いだチガヤ。
セキはなぜかチガヤを他の男と接触しないように注意していた。
そんなある日チガヤは家の中で獣のような声をきいた恐る恐るその声のもとにいくとそこには顔から血を流しながら泣き叫ぶセキがいた。
チガヤはセキにどうしたのかときいた。

すると泣きながらセキは言った。

「はじめて会ったときからチガヤのことが愛しくて愛しくてたまらないのだ」

チガヤに触れたくてたまらない、でもチガヤを金で買った自分が触れるとチガヤが穢れてしまう、そして他のチガヤと普通に接することができる男が妬ましいという・・・

チガヤはこのセキの思いをきいてセキのことを可哀想、そして愛しいと思った。

そしてセキに「私は今から一ヶ月家を出ないし男性とも接触しません。その間にセキと親しくなる時間をください。そして一ヵ月後、私を好きにしてください」と。

それから二人の間にあっという間に時間が流れ・・・ある日二人は家の中で一番遠くの外の景色が見える窓へ行きチガヤは窓から遠くをみて泣いた。

昔から幸せとはいえない生活を送ってきたチガヤ、遠くを見ることが喜びだった。
そんなチガヤをみてセキも嬉しいと思った。そして今夜が1ヶ月・・・チガヤの家にある訪問者が現れる。
チガヤの兄たちだった、チガヤは心配して訪れたという兄たちを家の中にいれた。

セキが家に帰るとチガヤの着ているワンピースはボロボロになっていた

なんと兄たちはチガヤに乱暴したのだ

そしてそれを知ったセキは怒り狂い、チガヤを暗い地下室に閉じ込めてしまった

チガヤは説得を試みたがセキが出してくれる様子はない

それどころかセキはチガヤを閉じ込めたことに幸せさえ感じているようだ

もうこれで他の男が近づく心配はないからと・・・

ある日チガヤは脱出を図ろうとして鋭利な柵の上に落ちてしまう

セキがチガヤを発見したとき、チガヤの頭は何本もの柵が貫通していた

急いでチガヤを医者につれていくセキだったが

事態は一刻を争い、チガヤを失いたくないセキはなんとか助けてほしいと医師につめよる

医師に土下座しながらセキはいった
「俺は生まれかわりたい、チガヤのために・・・」

そしてチガヤはなんとか一命をとりとめた

しかし美しかった瞳は何も写さないただの皮の一部になり・・・

【漫画】愚者の皮 ーチガヤ編ー 感想

読めば読むほど二人がいたたまれない

愚者の皮ーちがや編ーは、読めば読むほどすれ違ってうまくいかなすぎて悲しくなってきました。

優しいチガヤとセキ、途中までは少しずついいかんじで仲むつまじい夫婦となっていきそうだったのに・・・愛しさから生まれた嫉妬は悲しく怖いですね。

⇨漫画『愚者の皮 ーチガヤ編ー』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「愚者の皮」と入力して検索してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました