【漫画】バンビーノ! 第1話〜第3話 ネタバレと結末

こんにちは♩みさきです。
『バンビ~ノ!』を読みました♩

調理師免許をもつ大学生の省吾の夢は恋人と店をもつこと、ある日バイト先のオーナーの紹介で東京にある人気イタリアンレストランにて見習いとして働くことになり・・・

 

バンビ~ノ!

一流のシェフ目指して、福岡から東京・六本木の人気レストラン「バッカナーレ」にヘルプとして入店した伴省吾。彼が華やかなフロアの最奥で見たものは、チームの各員が鎬を削る調理場と言う名の「戦場」だった!腕に覚えはあった省吾だったが、超人気店のペースに全くついていけず、皿洗いに回され、バンビーノ(ガキンチョ)呼ばわりされて…!?経営者、料理人、給仕、客…バッカナーレに関わる様々な人々のドラマと省吾の成長を描く、イタリアン料理人成り上がりストーリー!!

なんと!今なら1巻から4巻まで無料で読めちゃうのでネタバレを読む前に是非本編をチェックしてくださいね!

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

【漫画】バンビーノ! 第1話ネタバレ【アッチェンデレ(点火)】

伴 省吾、大学3年生、最近調理師免許をとりウキウキしていました
長年レストランでバイトした甲斐もあったというものです。

省吾のバイト先は福岡にある「トラットリア・サンマルツァーノ」
省吾はオーナーから「バンビ」の愛称でよばれています

その日調理師免許をとった省吾にオーナーからある提案がされました
「東京にいる俺の友達の店を手伝わないか」

場所は東京六本木にある人気イタリアンレストラン
「トラットリア バッカナーレ」
とてもおいしい話ですが、現在バイト先にて
メイン料理までこなす省吾としては
下働きからはじめるなんてゴメンだとも思うのでした

しかしそれを聞いた恋人の恵理に
甘えている、東京に行って来いと背中をおされます

じつは省吾と恵理には夢がありました
いつか2人で店を持つという夢が・・・

そして省吾は決意を固め東京にいくことにしました
いざ東京のそのお店につくと店の店員や料理長は寝ているものばかり
ここ大丈夫か?とちょっと心配になります。

料理長の指示で省吾の担当はパスタ場となりました
ちなみに今日のディナーは6時から100名近くの予約
全員で大きなイタリア語の掛け声とともに
いよいよ省吾の修行がはじまりました

バンビ~ノ! 第1話感想

イタリアン料理大好きです。パスタにピザにリゾット、締めはティラミス、ジェラート・・・なんでイタリアン料理ってあんなにスイスイお腹にはいっていくのでしょう。

それにパスタとか作るのもとっても簡単だし、いろんなソースでバリュエーションだせますし。そういえばイタリアで実際イタリアン料理を食べたこともあります。もちろんほとんどおいしい。

でもなんでなのでしょう、日本でも食べたことがある味とも思ったこともありました。それだけ日本のイタリアン料理はうまくコピーされ、かつ本場の味のままでも日本人の舌にあっていたということですかね。

さて調理師免許とバイトの経験から天狗気味の省吾、一体この先大丈夫でしょうか?まぁ天狗の鼻はさっさと切られた方が本人のためかもしれませんね。

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

【漫画】バンビーノ! 第2話ネタバレ【ブロード(煮出し汁)】

いよいよ厨房にはいった省吾
洗練された調理器具たち

そして飛び交うイタリア語
ちなみに省吾はイタリア語をほとんど理解できません。

すして料理人たちの圧倒的なスピードと技術!!
省吾はその雰囲気に圧倒されてしまいます

そしてミスをして香取という先輩から「田舎に帰れ」といわれる始末
省吾の足は震えていました

しかし省吾の中にはスピードについていけないだけ
味なら負けん!!という自信がありました。

そのあと省吾は料理長と話す機会がありました
省吾は今日試食してもらったパスタに自信がありました

ただ料理長には「器用な味だ」といわれます
それは人まねという意味、省吾はその意味をよく理解できませんでした。

そして次の日から先輩の香取に習いブロード(イタリア語でブイヨン)を教わることに

ちなみにブロードはイタリア料理の基本中の基本です
省吾はいままで一回しか作ったことがありませんでした
香取は省吾の目の前にブロードの材料とできあがったブロードを置き
あとは自分で作れといいはなちました

正直いって、ただの嫌がらせです
省吾は意地と自分の舌だけを信じて作り始めました・・・

バンビ~ノ! 第2話感想

どこにだっていますよね~こんな嫌なかんじの先輩。
こういった技術職だとさらに厳しいのかもしれません。もちろんちゃんと愛をもった厳しい指導をしてくださる先輩もいるとおもいますが、そんな人にもし出会えればラッキーですよね。

この漫画、香取にいたっては完全に前者のただの人間として器が小さい先輩です。こんな奴、省吾にはあっという間に抜いてもらいたいところです。それにしても省吾の味に対する自信の強さもなかなかですよね。料理長アンタのパスタ不味くはないけどおいしいともいってないのよっ。

ちょっと深い意味があってわかりにくいけど、「器用な味」の評価というのはこの世界において褒め言葉とはいえないでしょう。ましてや自分の店を将来もちたいなら尚更ね。さて次回省吾は自力でこの店のブロードを作り出すことができるのか!?

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

【漫画】バンビーノ! 第3話ネタバレ【スルピアット(皿の上)】

料理長から先輩香取からブロードを教われといわれた省吾でしたが
肝心の香取は全く教える気はない様子

省吾は自分の舌を信じて野菜や鶏がらなどでブロードを作り始めました
途中で味見した限りはいいかんじのようです

あとはこれを2時間煮込めば・・・楽勝。
そして休憩をはさみ2時間後・・・

省吾はもう一度味見をしてみました
するとなんと予想外のマズさ!!

血生くさい・・・どこで間違えた!?
混乱する省吾、視界には嫌な先輩香取が眼に入りますが
あんな奴に頼れるか!!
と自力で味の調整をはじめます

しかし調整すればするほどブロードは不味くなっていきました。
そこに見るにみかねた料理長がやってきて省吾のブロードを味見します

料理長はすぐに失敗の原因を指摘しました
そこに香取もやってきて味見します
すると香取にバイト先のブロードの味はこんなもんかとバカにされました
省吾の頭にカッと火がのぼりました

そんなわけない!!バイト先のオーナー進さんが作るブロードはもっとっ・・・
そのとき省吾は気づいたのでした

省吾がバイト先のお店にいくといつもおいしいブロードが当たり前にあったこと
それは進さんが省吾がいないときにつくっていたもの
省吾は基本のブロードを教えを進さんにこわずに
ただいっちょ前にフライパンをふるっていただけだったのだと・・・

バンビ~ノ! 第3話感想

天狗気味だった省吾。ブロードつくりの中でいろいろ学んだようですね。

すこしうぬぼれがなおるといいです。それにしても福岡にある省吾のバイト先だったレストラン、小さいお店みたいなカンジでしたがオーナーシェフの腕はなかなかみたいですね。

まぁ省吾にこの東京の店を紹介するくらいなんで業界では有名人なのかもしれません。さて今回ブロード作りに失敗して料理長に殴られるかと思いましたが、殴られたのはちゃんと指導をしなかった香取だったのでいい気味だと思いました。

さすが料理長わかってますね!そしてその後裏で香取に殴られる省吾。やっぱ香取はゲスですね。そんな中で次回意外に二人は協力できるのか!?

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

▶︎漫画『バンビ~ノ!』ネタバレの続き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。