漫画・ホムンクルス1巻のネタバレと感想④

スポンサーリンク
未分類

漫画『ホムンクルス』

ホームレス一歩手前の男の前に舞い込んだ、おいしい仕事は報酬70万円の人体実験?!

ホムンクルス以下ネタバレ含みますのでご注意ください!
『ホムンクルス』はじっくり試し読みができますので先に本編を読まれることをオススメします♩

⇨漫画『ホムンクルス』無料試し読み
(サイト内検索窓で『ホムンクルス』と入力して検索)

漫画『ホムンクルス』ネタバレ 実験開始

少し不安だった手術は麻酔をつかい、ドリルをつかい

案外あっという間に終了した

ただ頭蓋骨に穴があいている感覚はまったくない

さっそく伊藤になにか手術して第六感にかわりはないかと尋ねられるが

全くわからない

ちなみに海外では36パーセントの人間に変化がおこるらしい

頭蓋骨というものは生まれたばかりの頃は隙間があいている

ただそれは成長するにつれてなくなっていく

つまり頭蓋骨に穴をあけるということは生まれたばかりの赤ん坊に戻るような感覚だという。

こんなんで第六感が芽生えるなんて正直ばかばかしい。

そんな名越に反して伊藤はさっそく実験を開始するといって

レッカーされていた車を取り戻してきた

そしてこれから10日間の予定をわたされる

そこには心霊スポットめぐりにスプーン曲げや念写がかかれている・・・

さっそく心霊トンネル、病院、アパートにいってみる

しかし伊藤が期待するような能力が発揮される様子は一向にない

その後飯をたべながらの超能力実験「カード選び」

そのとき伊藤がある提案をしてきた

感覚を集中するため試しに左だけでやる

名越は右目を隠し左目だけでカードを選んだ

5枚中4枚同じ絵柄だった

⇨漫画『ホムンクルス 』無料試し読み
(サイト内検索窓で『ホムンクルス 』と入力して検索)

伊藤と別れたあと町を歩く名越

風がふき右目にごみがはいる

手で目を拭いているときだった

目にはいった男の頭が一部欠けている?

見間違い?うん、やっぱり両目にすると普通だ

でも改めて片目でみると・・・

町を歩く人々の中に体がぺらぺらな人、歩く木、体が分解してる人・・

そしてロボットのようなモノにぶつかった

相手はなんとヤクザの組長

ただ名越の目にはその人物はロボットであり子どもにみえた・・・

⇨漫画『ホムンクルス 』無料試し読み
(サイト内検索窓で『ホムンクルス 』と入力して検索)

漫画『ホムンクルス 1巻』感想④

第1巻はここで終了です。いや~手術は無事(?)成功したし、レッカーされた愛車も戻ってきたしでよかったよかった。

ただ最後の最後でなんだかヘンテコな能力が芽生えたようです。

人間がまるでモンスターのよう、でもべつに怖いとかはないですね、不気味?不思議??さてこれが第六感とよばれるものなのか。

そして組長にぶつかり名越は無事にかえしてもらえるのか!
気になる続きは2巻にて☆

⇨漫画『ホムンクルス』無料試し読み
(サイト内検索窓で『ホムンクルス』と入力して検索)

 

タイトルとURLをコピーしました