【漫画】永遠の夜に向かって ネタバレと感想 心理描写が絶妙!

スポンサーリンク

こんにちは♩みさきです。
『永遠の夜に向かって』を読みました♩

ある夏休み直前の猛暑日、高校教師の有田はなぜか同じ一日を繰り返す・・・

人類は破滅に向かって突き進んでいる―――。国民的大ヒット作品『生徒諸君!』の作者・庄司陽子氏が温めてきた、美しくも悲しい人類救済ストーリー! 地 球温暖化や異常気象、並びに貧困、病気、宗教、テロ、国家強欲主義などのグローバルな問題を抱える人類に、人間本来の在りようを提起する!波乱万丈の主人 公・希の人生を軸に、猛烈ドラマがさく裂します。

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!1巻無料で読めます♩

⇨漫画『永遠の夜に向かって』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「永遠の夜に向かって」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】永遠の夜に向かって ネタバレ 第一話 それはある夏の猛暑日に・・・

明日から夏休みの高校、有田はここで教師として働いている

同僚の山田という教師は明日から生徒の顔をみないでいいことにほっとしているという

他の教師いわくこの山田という教師、去年クラスでいじめにあっていた生徒が自殺未遂をおこしてから少し性格が変わってしまったという

ただ正直有田自身、口にはださないが明日から夏休みでホッとしているという部分では同じ心境である

教室に向かって廊下を歩いているとクラス委員の賀川に遭遇した

なんか、コイツ目が赤いな

事情をきくとなんと終業式前日だというのに徹夜で勉強していたとか

学年で1番でも満足できないらしい、凄いヤツだ

すると後ろから正宗先生に話しかけられた

俺のクラスの加藤 真奈が部活を無断欠席したとかで心配らしい

本日加藤は欠席している・・・とりあえず後で連絡をしてみるか

そして終業式、予想はしていたが高校生にもなってこいつら

隣のやつと喋るは座るはおまえらは小学生か

一体どんな大人になるか先が思いやられるぜ

職員室に戻ったあとは加藤の家に電話してみた

出たのは予想外に父親だった、なんと今日休んだのは

体調不良ではなく父親と朝、言い争いになり家をでていったという

しかし行き先は九州の母親のところと居場所ははっきりしているということだ

電話が終わるとまた加藤を心配する正宗先生に話しかけられた

この先生よくこんなに生徒の心配できるな、どんなに親身になったって

あいつらには伝わらないだろうに・・・

あぁ・・・それにしても今日はなんて暑いんだ

それから教室で通知表を配布をはじめた、そのときだった

ふと窓の外をみると目の前が一瞬にして光に包まれ、そして・・・

 【漫画】永遠の夜に向かって 感想

なんだか不思議な話、漫画というより小説みたいです。

SFっぽいといいますか・・・主人公は一応表面上いい教師っぽいけどモノグロームをよむと中身はあまり生徒思いとはいえない先生みたいです。

でもこんな先生現実でもあたりまえにいそうだなと思います。

雑用、会議、いじめやモンスターペアレンツなど教師の悩みはいっぱいありそうですもん。

さて夏休み直前の教室で有田の身になにがおこったのでしょう!?

続きは本編をご覧ください☆

⇨漫画『永遠の夜に向かって』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「永遠の夜に向かって」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

 

タイトルとURLをコピーしました