醜女の祈り ネタバレ&感想 ラストの結末が衝撃的! 

こんにちは♩みさきです。

今日は【まんが王国】でランキングに入っていた「醜女の祈り〜美容整形がバレた女〜」を読みました。

ストーリーな女たちシリーズで、今回は読者投稿!とあったので実話のようです。
実話だとしたら辛い!辛すぎます。

そんなショートストーリー4編が収録された『醜女の祈り』オススメです!

醜女の祈り ネタバレ&感想 ラストと結末は!?

「醜女の祈り〜美容整形がバレた女〜」は表題作のほか、老女といがみ合う嫁を描いた「のら婆さん」、親からロクに躾けられていない問題児を描いた「のら子供」、
女性に恋してしまった女性の話「彼女の想い人」の4編が収録されています。
どれも読者から届いた体験だけに、リアリティーがあります。

特に表題作の「醜女の祈り〜美容整形がバレた女〜」は面白いです。
ストーリー展開が気になって、どんどん読み進めてしまいます。

主人公の大谷百合は26歳。
親譲りの不細工で、子供の頃から「ブスゴリラ」と虐められていました。
現在も職場では散々陰口を言われ、見合い相手からは「限度ってものがあるでしょう?」とまで言われます。
周り中から蔑まれていく中で「不細工だと誰も内面なんか見てくれない」「結局人は外見」と思うようになります。

百合の「愛されたい」「他人にバカにされずに生きたい!!」という思いは、ここまでの描写が悲惨過ぎるくらいなので、
読んでいて「整形したいって思って当然」という気持ちになります。

上京した百合は、ついに整形手術を受けます。
顔全体を作り替えキレイになった百合は、エリート社員の英一と付き合うようになります。
キレイになったことで初めて内面を見てもらえるようになり、それは良かったのですが、妊娠、結婚と話が進んでいくと、百合に新たな問題が生まれます。
生まれた子供(彩花)が昔の自分と瓜二つなのです。

あまりの不細工さから、姑は彩花を孫と認めません。
結局、過去の整形がバレ、英一とは離婚。彩花と二人の生活が始まります。
捨てたはずの醜さから逃れられず、このままでは娘の彩花の人生まで辛いものになる。

ラストは。。。思いつめた百合は、我が子の口を塞ぎ…。

「醜女の祈り」という題名から、有名なピアノ曲、バダジェフスカの「乙女の祈り」を連想する方も多いと思います。
「乙女の祈り」という曲には、幸せな結婚生活を夢見る女性の思いが込められているそうですが、
同様にこの「醜女の祈り〜美容整形がバレた女〜」という漫画も、幸せを求める気持ちを描いた作品でした。
我が子の幸せを願う気持ちを感じる作品でした♩

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

まるいぴよこの漫画ネタバレ・あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。