まんが!5→9 「5時から9時まで」 1巻 ネタバレ

石原さとみ主演の月9で話題な「5→9〜5時から9時まで〜」
ちょっと強引なお坊さん役の山下智久さんと、キュートな石原さとみさんの掛け合いが毎週おもしろいですよね。
原作の5→9はちょっとリアルなラブストーリー
理想とは違う相手を本能のままに求めてしまう、そんな夢中な恋愛が楽しめます

5→9 「5時から9時まで」あらすじ

英会話講師の桜庭潤子はもうすぐ27歳のOL
夢は30歳までにNYで暮らすことでした
しかし祖母の計らいでお坊さんとお見合い結婚をすることになってしまったのです
お断りしつつもぐいぐいアプローチをされて、惹かれてしまう潤子…

女性、特にOLならば高嶺さんの強引さにキュンとすること間違いなしです

ストレートに愛をぶつけてくる小細工なしの恋愛

「ああして若い高校生にちやほやされて。
あの年頃の男子高校生なんて性欲の塊でしかありません。
あなたはその吐け口のひとつにすぎませんよ」

高校生中心のクラスでユキや蜂屋に誕生日パーティにさそわれた潤子に高嶺が言った言葉です
こんなことを言われたら「はぁ!?」と怒ってしまいますよね
でも思わず言っちゃうのが高嶺さん
潤子のこととなると、分別がつかなくなり感情を抑えられないのです

ああもう、そこまで愛されてみたい!

「お誕生日おめでとうございます、潤子さん」

「他の誰より先に言いたくなって」

落ち込んでるところへ花束&レアな洋装ででてきてくれたら…かっこよすぎ!!

プラスの感情もストレートにぶつけてくれる
だからこそ心に直接響くんですよね

月9とちがって潤子は自由奔放!ダイタン女子!

 

月9の石原さとみ演じる潤子は結婚を断固拒否し続けていますが、原作の潤子はなんと1巻の段階で高嶺さんにキスをします
そしてそのままホテルへ…

「あたしこうやってキュウって、この人のことたまらなく可愛くなっちゃったんだった」

わかるわかる!!
思わず共感しちゃうセリフでした
寺のことも仕事のこともその瞬間忘れるくらい相手が欲しくなっちゃうんですよね〜
長い時間つかず離れずでドキドキするのも良いけれど、勢いではじまっちゃう恋愛も…なかなかドキドキします

1巻では高嶺さんのお寺へ花嫁修業をしつつ、軟禁されるところで終わっています
高嶺さんの重すぎる愛はどうなってしまうのか…

ぜひ読んでみてくださいね

原作のコミックは電子書籍でも読めちゃうんです♩

「無料お試し読み」でちょこっと読めます♩まるで立ち読み気分です(*^_^*)

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

相原実貴の漫画ネタバレ・あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です