漫画『オーダーメイド』4話ネタバレと感想

オーダーメイド

こんにちは。

漫画『オーダーメイド』4話のネタバレと無料で読める方法を紹介します♩

4話は「数十年も前の記憶を再現したお話」です。

路地裏にあるアダルトショップ「ユートピアン」そこで売られている500万円のオーダーメイドAVとは?

<スポンサーリンク>

漫画『オーダーメイド』は今なら1巻が丸々無料で読める「じっくり試し読み」対象の作品です。
ネタバレを読む前にぜひ無料で読んでみてくださいね!
「ウェブで読む」選択すれば、登録などはもちろんアプリのダウンロードなどの手間も必要なく、無料ですぐに読むことができますよ♩

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

漫画『オーダーメイド』4話 ネタバレ

主人公は80歳のおじいちゃん。

丸高千代吉 丸高ホールディングスの会長である。

今日も会長の元には若い女性が何人も訪ねてくる。

その子も早々に帰っていく。

いままで妻をとらず「孤独を愛せぬ者に成功なし」を信念に突っ走ってきた。
その言葉通り結果として千代吉は成功者となった。
しかしこの歳になると、自分の証であるDNAを後世に残したいと願うようになった。ただ年齢もあり自分の男としての機能は若い女の裸をみたり奉仕してもらっても反応が悪い。

そして数ヶ月前三人の部下に告げた。

「コレを機能させた者に全てを譲る」と。

 

その3人のうちの一人が今回の依頼者となった。

依頼者の部下は大金が目的ではない。学歴もない自分をアルバイトから育ててくれた会長に恩返しすることが目的だ。

一ヵ月後千代吉は部下がもってきたAVを見る。

ビデオの中には故郷の風景が。
そして初恋の相手美里の姿が映し出された。

そのビデオをみた千代吉は・・・・。

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。