ワンダーランド 漫画のネタバレと感想 ミニマム世界

漫画【ワンダーランド】

「今際の国のアリス」に続きなんでしょうコレ、世は不思議の国のアリスブームなんでしょうか?
さて今回の漫画「ワンダーランド」は「スプライト」の作者さんでもありますね。
期待しちゃいます。朝おきると周りの机やベッドのサイズはかわらない。
かわったのは自分の体が小さくなったことだけ・・・
はたしてアナタだったらこの状況に耐えられるだろうか。

⇨漫画【ワンダーランド】無料試し読み
(サイト内の検索で「ワンダーランド」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『ワンダーランド』ネタバレ

朝、目がさめた。何もかわらない光景だけど私だけが昨日と違っている・・・

この漫画の主人公ゆっこはいつもどおり目覚ましの音で目がさめました。

いつも通り目覚ましもといスマホのアラームをとめようとして手を伸ばします。

しかし手を伸ばした先、スマホ本体に触れた感覚がいつもと違い起き上がります。

そこは見慣れたゆっこの部屋、でもなんだかいつもと様子が違います。

周りの大きさが尋常じゃなくでかい・・・

ベッドと床の間なんて高層ビルなみの高さ・・・

そして夢だと信じ込み二度寝を開始しようとしたところで愛犬ポコの登場。

ポコはシーズー犬で普段は小型犬だが今のゆっこからみれば十分巨大な大型犬だ。

鼻息あらく近づいてくるポコ。

ゆっこの匂いをかぎ大きさはかわったけどゆっこだと気づくとゆっこのことをぺろぺろと舐め始めた。

それからゆっこはポコに乗せてもらい家の中を探索はじめます。

階段をおり両親の寝室しかし両親はそこにいません。

布団には血のあとらしきものが・・・。

なんだかいやーな予感です。

そして台所にはいったところで隠れていた両親を発見。

なんとゆっこの両親の体もゆっこと同じく小さくなっていて!?

 

 漫画『ワンダーランド』感想

最初ファンタジックにはじまったこの物語。

ファンタジーとリアルが混じった感覚に出だしから引き込まれました。

ゆっこだけ小さくなった話かと思ったらなんとゆっこだけじゃないんですよね。

果たして人間が突然変異で小さくでもなったのか?!

もちろんその謎はすぐには解決しませんが。

そしてこのあとですねー。

両親と会えたはいいものの両親の寝室にあった布団が血で染まっていたわけがわかります。

この家で飼われていたのは犬のポコだけじゃないんですよねー。

実はネコも飼っていたのです。

そして犬とネコは飼い主というか人間?

モノに対する態度が違います。

このあとネコに弄ばれる人間のなかなかグロいシーンがでてきますのでご注意くださいね。

 

⇨漫画【ワンダーランド】無料試し読み
(サイト内の検索で「ワンダーランド」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です