残響ネタバレ【作者はスカイハイの高橋ツトム!これハマる】

スポンサーリンク
未分類

漫画【残響】

闇世界系の漫画です。
賛否両論あるみたいですが、私ははじまりの設定とか予想外のことがおこるとことか好きです。

残響 1

⇨漫画【残響】無料試し読み
(サイト内の検索で「残響」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『残響』あらすじ

サトルが暮らすアパートの部屋の隣には瀬川という老人が暮らしていました。

時々デイサービスの日にサトルの部屋の壁は来いという意味で瀬川がたたきます。

そして瀬川の部屋にむかいただ淡々と瀬川の話をききます。

じつはこの瀬川は元ヤクザでサトルに自分を殺してくれと銃と500万円を渡します。

そして殺したあと自分がいままで殺した者の遺族の家を訪問し香典を渡してくれといい!?

 

漫画『残響』ネタバレ

はじめはもちろん殺すなんてことできないと断りますが、結局サトルは老人を殺し、500万円と銃を手に入れ老人の最後の意思を叶えるべく遺族のもと訪問開始します。

そして訪れたある組でさっそくサトルは監禁されピンチとなります。

そこで出会ったのがオカマの大悟です。

二人は組を逃走し大悟の姉のもとにむかいます。

しかし大悟の姉は昔のしっかりしていたころの面影はすでになく酒におぼれているようなひどい容貌です。

このあと大悟の姉は自ら自殺、そのまま家を去ろうかと思ったところに現れたのは姉の息子カイヤでした。

そのあとは3人で逃避行&遺族訪問がはじまります。

しかし次に訪れた岩田家でも一見普通のおじさんとおばさんが意外にも暖かく迎え入れてくれましたがこの人たちも結局は闇の住人。

カイヤを誘拐し、サトルが助けにむかい無事に救出しますが、その間に大悟が殺されてしまい、サトルは大悟の仇討ちを決意します。

 漫画『残響』感想

まさに闇で鬱な漫画です。はじまりからしてね・・・。

でも元ヤクザの老人が隣人の青年に殺してくれという設定が斬新でいいなと思いました。

この青年、普通の地味なかんじですが、結構内面はグログロしてます。

老人は青年の心根が腐っていることも予想したうえでこいつなら殺せると依頼したみたい、その心情も面白かったです。

⇨漫画【残響】無料試し読み
(サイト内の検索で「残響」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

未分類
漫画を読むならU-NEXTが熱い!
「電子コミックを無料で読みたい」「電子コミック初心者」におすすめなのがU-NEXTの電子書籍。U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが、実は最新のコミックも読めちゃうんですよ。 今なら31日間無料トライアルが実施されています。 電子コミックを試してみるチャンスですよ!
スポンサーリンク
漫画のへや
タイトルとURLをコピーしました