【漫画】女優 1巻5話・6話 ネタバレと感想

こんにちは♩みさきです。
倉科遼さん・和気一作さんの『女優』を読みました♩

「すべての女は女優である・・・」これはずっと第一線で活躍してきた天才女優 浅倉瞳の物語である

女優

「すべての女は女優である!!」――ここにひとりの女優がいる……。映画界におけるほとんどの賞を総なめにした天才といわれる女優…名は、浅倉瞳―――!!

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!

⇨漫画『女優』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「女優」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】女優 ネタバレ 第五話 退職

▶︎漫画『女優』前回のあらすじ

白石に大女優になる可能性があるといわれたが

瞳自身はまだ自分の才能や素質というものはよくわからない

でもただ演じることが好き!だから女優になりたい!!ただそれだけ

瞳と話をした後、白石は一大決心をした

なんと会社を退職したのだ!

自分の人生を瞳を大女優にすることに賭けるため

そして瞳の母を説得すべく瞳と

瞳の母の経営するスナックにいくことに・・・

【漫画】女優 ネタバレ 第四話 長く孤独な夜

瞳の母がやっているスナックに到着した瞳と白石

すると中から男達の怒声がきこえてきた

二人は急いで中にはいる

中にいたのは借金取りの連中だった

瞳の母は彼らから300万円の借金をしていたのだ

もちろん今すぐ帰すということはできない

すると白石が退職金の200万円をその場にさしだし

残りは明日払うといいだした

白石としては瞳の母の借金を代わりに返済することは

瞳の女優になる許可をもらうための仕度金であった・・・

⇨漫画『女優』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「女優」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】女優 感想

白石のおじさん、すごいですね。一人の女の子に恋愛感情抜きでこんなに入れ込めるなんて・・・だってプロデューサーっていったらなかなか上の人だし。

周りからみても優秀な人だったみたいなのにそのポストをこんな簡単に捨ててしまうとは・・・そこまで瞳にかける決意に恐れ入りました。

瞳自身この白石さんとの出会いは運命でしょうね。この人いなかったら、あの最終オーディションもとくに意味がないものになって、母にも芸能界いり反対されるはで道が途絶えるところでしたからね。

しかも白石さん会社やめただけでなく瞳の母の借金までも返済ってどんだけかっこいいんだ。

まぁこれで瞳の母は賛成せざるをえないことになりそうですけどね。

もう娘は女優になる運命なのでしょう、まだ一流までの先は長いとはいえますが・・・幼いころから母子家庭の恵まれない環境も瞳の女優としての才能をのばしてきたものの一つでもありますし、本当に人の才能というものはどこでどう育つかわからないものですね。

それがまたこの漫画の面白いところでもあります。ではまた次回へ続きます。

⇨漫画『女優』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「女優」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

▶︎漫画『女優』あらすじ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。