【漫画】ぬけぬけと男でいよう2巻結末 ネタバレと感想 16〜19話

スポンサーリンク
未分類

こんにちは♩みさきです。
『ぬけぬけと男でいよう』を読みました♩

僕はずっと不倫をしている・・・妻にはバレずに隠れてちゃんとできているはずだった、あの日まではそう思っていた・・・

妻のほかに「彼女」が2人!?ストーカーと化していく萌美、そして妻には浮気男の影が…。そんなわけ(どんなわけ!?)でおバカな十布(トヌノ)はよせばいいのに社内の女・摩夕(マユウ)に手を出してしまい…!!第3の女の参戦で事態はますますヒートアップ!衝撃の不倫エロス&コメディ第2幕!!

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!1巻無料で読めます♩

⇨漫画『ぬけぬけと男でいよう』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「ぬけぬけと男でいよう」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】ぬけぬけと男でいよう ネタバレ 第十六話 bottom

▶︎「ぬけぬけと男でいよう」前回のあらすじ

劇団で萌実が倒れた

萌実は救急車ですぐに病院に運ばれていった

婦人科系の病気らしく開腹手術が必要らしい

僕は萌実のことが心配というより、ホッとしていた

これでしばらく萌実と妻と橘香がかかわることはない

妻と橘香の初舞台初日は萌実の手術の日と同じ日だった

僕はもちろん舞台を選ぶ

萌実からはきてほしいといわれるが、家庭をもっている僕が

手術の日に萌実の両親の前に現れるなんてことできるわけがないだろう

それでも病気を理由に僕をせめてくる

正直鬱陶しい

やっと待ち望んでいた月曜日だというのに気分は最悪だった

摩夕との待ち合わせ場所にいく

しかし今約束の時間から30分がたとうとしているが摩夕はこない・・・

【漫画】ぬけぬけと男でいよう ネタバレ 第十七話 situation

待ち合わせから30分以上経過しようとしていたころ

ようやく摩夕が自転車をひいてやってきた

買い物に夢中でおくれたらしい

僕は摩夕の姿をみるとイライラもふきとんだ

彼女の手料理は本当においしかった

料理の見た目ばかりにこだわる妻、料理ができない萌実

あいつらとは違う癒しの摩夕

夕食をたべた後なにやら摩夕と特別はなすことが思いつかずに二人とも緊張した

沈黙にだまりきれなかったのか摩夕が話しはじめた

「あの・・・奥さん働いてるんですか」

えっ沈黙にたえきれなくて放った第一声がそれ!?

僕は答えにつまった、一体どう答えるのが正解なのだろう

すると摩夕は「奥さん女優なんですよね!」といった

なんで知ってる?

摩夕はその話は社内で噂になっていることだといっていた

なんだ、まぁ別に悪い噂でもないし、ウソでもないし

僕はホッとした・・摩夕と付き合ってよかった

【漫画】ぬけぬけと男でいよう ネタバレ 第十八話 opening

付き合う前の摩夕の会社の机は健康グッズでいっぱいだった

でも今彼女は僕が抱くようになって確実に美しくなっている、彼女を美しくしたのは僕だ

もうすぐ橘香の初舞台の日が近づいていた

最初は反対していた僕だったが

僕が見に来ることを楽しみにしている橘香をみていると

僕のほうが今は見にいくのを楽しみにしている

授業参観をみにいく気分ってこんなかんじなのだろうか

そしていよいよ本番の日となった・・・

【漫画】ぬけぬけと男でいよう ネタバレ 第十九話 hatred

本番がおわった

普通は娘の初舞台なんて感動ものだと思うが僕は不機嫌だった

その芝居はとてもつまらなくて

まるで橘香を汚された気分だった

しかも僕はそのつまらない芝居の打ち上げに参加することになってしまった

橘香も妻も僕のまわりにはいない

こんなところさっさと帰りたい

最悪なのは妻の浮気相手と思われる男

コイツが今回のこのクソつまらない舞台を考えたらしい

名前は鹿島

ひげ面で態度がでかく自分の考えをおしつけそうな生理的に嫌いなタイプ

妻は僕の世話を焼くよりも鹿島の周りで忙しいらしい

すると妻が僕に気づき鹿島に「夫」と紹介した

鹿島は「そうですか」と一言いっただけでプイッと顔をそらした

コ、コイツ!!!

そのあと鹿島は若者に囲まれながら自分の演劇論みたいのを熱く語りはじめた

自分の作っているものは完璧そういっていた

僕はそれをきいて、ついボソリとでも聞こえるようにいってしまった

芝居の中での橘香のセリフで日本語として変なのがあると・・・

【漫画】ぬけぬけと男でいよう2巻 結末と感想

まだ切れていない不倫相手が病気になったことで逆にホッとする主人公、相変わらず最低です。

しかもその間にまた別の恋人のもとへ・・・この恋人になら何分待たせられても怒りはわいてこない、しかも手料理はおいしく最高とやはり男をつかむのは胃袋でしょうか。料理できなそうな子が以外と料理できたりするとキュンとなるのかもしれませんね。摩夕のブリ大根おいしそうでした。

女は恋をすると美しくなるといいますが、この主人公は摩夕が美しくなったのは俺のおかげというのがイラッときました。

さて妻の浮気相手(?)の鹿島という男、別に主人公の味方をするわけじゃないですが、私自身この人嫌いだわ~と思いました笑。

この思い上がり大先生感が。この人面白い作品つくっているならともかく、たぶん主人公の感じたとおりつまらない舞台なんだろうなと。

仮に彼が妻と不倫していたとして夫紹介されてあの態度はこれはこの主人公じゃなくてもムッとするなと思いました。

これを気に主人公が鹿島に家族をとられないために良い夫に目覚めてくれればいいんですが、この主人公はもうどうしようもないから無理かなぁ。

まぁでも3巻に期待しますか☆

⇨漫画『ぬけぬけと男でいよう』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「ぬけぬけと男でいよう」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

▶︎「ぬけぬけと男でいよう」ネタバレ続く

タイトルとURLをコピーしました