【漫画】オーダーメイド2巻6話ネタバレと感想 後半

こんにちは♩みさきです。
暗い路地裏にあるアダルトショップ「ユートピアン」で売られている500万円のアダルトビデオ。
依頼主の欲望を叶えるAVから様々な人間模様が楽しめる漫画「オーダーメイド」ネタバレです。

<スポンサーリンク>


オーダーメイド

作者は高橋一仁さんです。漫画サイトの紹介文には「衝撃の問題作」と(笑)
衝撃の問題作は1巻は無料で読めるので、ネタバレを読む前にぜひどうぞ!

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

オーダーメイド2巻6話のネタバレ(後半)

律子そっくりの女

律子は警察で事情聴取を受けていた。

恋人の大輔が秘蔵のAVを律子にみられたためブチ切れ律子をナイフで襲った

しかしそのまま勢いあまり家の窓をつきやぶりそのまま転落死亡したのだ。

幸い目撃者もおり律子はすぐに解放された。

警察はAVごときで殺そうとする動機に首をかしげている。

律子はしっていた、そのAVが普通のAVではないことを

ただ警察いわくそのDVDは調べたところなぜか再生不能らしい

律子はおもいきって今回の事件を記事にした。

そしてある人物に出会う、どうやらオーダーメイドAVに関係ある人物らしい。

その人物はじめはフードをかぶっていたため顔が見えなかったが、

フードを取った顔に律子は驚愕する

その顔は律子だった・・・

その女の願いはオーダーメイドAV記事をこれ以上書くのをやめてほしいとのこと

そして女はかたらわにあったビンをたたきわり泣きながらいった

「あんたいかにも恵まれて育ったってかんじだもんね」

「この世には地獄に生まれる命があるの」

幼いころから暗闇で生きてきたこの女にとってオーダーメイドAVはやっとみつけた光なのだ。最後の希望、だからその居場所を守るためならなんだってする!

女の涙と言葉をきき律子は会社をやめる決意をした。

でもジャーナリストをやめたわけでは決してない・・・

 オーダーメイド2巻6話の感想 後半

さてこの山田律子さん、このマンガの中でなかなかの重要人物として頭角を現してきました。

なぞだらけのユートピアン、オーダーメイドAVをさぐる人物、読者が気になる謎をどんどん解明していってほしいですね。

なぜこの商品がつくられるようになったのか?

いつも人の気持ちを読み取るあの店長はなにものなのか?その過去とは?

謎だらけです、ミステリアスもこのマンガのいいところなので知りたいような知りたくないようなという気持ちにもなります。

あぁ~でもやっぱり欲望にしたがえば知りたい!!律子さんよろしくお願いします!

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。