【漫画】オーダーメイド2巻7話ネタバレと感想【木本努】

こんにちは♩みさきです。
暗い路地裏にあるアダルトショップ「ユートピアン」で売られている500万円のアダルトビデオ。
依頼主の欲望を叶えるAVから様々な人間模様が楽しめる漫画「オーダーメイド」ネタバレです。

<スポンサーリンク>


オーダーメイド

作者は高橋一仁さんです。漫画サイトの紹介文には「衝撃の問題作」と(笑)
衝撃の問題作は1巻は無料で読めるので、ネタバレを読む前にぜひどうぞ!

⇨漫画『オーダーメイド』はこちらからどうぞ

※クリックしてトップ画面の検索窓に「オーダーメイド」と入力して検索してくださいね。

オーダーメイド2巻7話のネタバレ

7話の主人公は木本努。 29歳で無職。 通称キモやん、なゆゆ命

なゆゆとは現在活躍中のアイドルの名前であり今日も木本はなゆゆのライブにきていた。

昔リストラされた頃に公園でブレイクする前のなゆゆがなぜか泣きながら歌っているのをみてから木本はなゆゆの大ファンなのだ。

ライブでいい気分の帰り道ふとアダルトショップにたちより、500万円のオーダーメイドDVDをみつける。
「あの娘としたい あなたの欲望 具現化してみませんか?」

もちろん今の木本に500万円の大金など用意できるはずもなくそのまま帰路につく。

ただそれから夜も日中もいつもそのAVのことが頭からはなれない。妄想が止まらない。

ついに木本は500万円のオーダーメイドAVを手にいれるべく働くことを決意する。

時給1800円の高額だが建設現場の仕事は想像以上に過酷である。

何度も諦めそうにもなるが、木本はなゆゆを思い必死で働き2年後やっと500万円ためAVをゲット!映像も申し分なく至福の時間をすごす。

しかしそんなとき飛び込んできた、なゆゆAV女優デビューのニュース

自分は一体なんのために2年も・・・と500万円支払った木本はもちろんショックを受ける。
ただその後会社の同僚の女性に最近かっこよくなったとほめられ木本は思う

「大損はしたが生まれて初めての努力は形を変えて報われたのかも」と

⇨漫画『オーダーメイド』はこちらからどうぞ

オーダーメイド2巻7話の感想

いや~動機はなかなか気持ち悪いですがとりあえず珍しくハッピーエンドでよかったです。

うん、木本さんがこのあとこのほめてくれた同僚女性にストーカーしたり、この女性でオーダーメイドAVを作ったりしないかぎりは笑。

いや木本さんは生まれ変わったのでそんなことはしないということにしておきましょう。

お金の作り方も真面目でよかったですよね、この1本のAVを手に入れるためにずっと無職やっていた人が二年働くとか相当ですよね。

それだけAVというものには男の夢でもつまっているのでしょうか。

この500万円払ってからのなゆゆAVデビューの裏切りというストーリーがまたいいですね。

500万円どころか500円でレンタルできるじゃんみたいな笑。

木本さんじゃなくてもこれは怒るしへこみますね。

でもそこで腐らなかった木本さん、かっこいいじゃん☆

⇨漫画『オーダーメイド』はこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です