「ヒメゴト〜十九歳の制服〜 2巻」 ネタバレ

こんにちは♩みさきです(*^_^*)

続きまして「ヒメゴト〜十九歳の制服〜 2巻」のネタバレです!

「ヒメゴト〜十九歳の制服〜 1巻」のネタバレはこちら

「ヒメゴト〜十九歳の制服〜 2巻」あらすじ

前巻で翔に襲われた由樹。

どうなるのー⁈と思いきや、まずは由樹と翔の過去の回想からスタート。

中学時代、「由」がヨシ、とも呼べるからと、翔に今日からヨシキだとあだ名をつけられる由樹。男友達からつけてもらった名前を誇らしく思い、気に入っていました。

翔は男の友達同士のように由樹の側にいたけど、それは由樹のことが好きで、振り向いて欲しいからでした。
その気持ちに気づかぬまま来た由樹。
襲った翔を蹴り飛ばし、絶交を宣言します。

佳人は美人のお母さんに似ていて、こっそり女装をさせられていました。中学の時に初めて付き合った年上の彼女は、佳人に女装をさせ、町を一緒に歩かせます。佳人はその時に胸の高鳴りを覚えます。そのままの服装でセックスしたいと思いますが、その思いは彼女に告げられず終わります。

「ヒメゴト〜十九歳の制服〜 2巻」感想

佳人へのときめきが高まるところで終わる2巻。佳人も由樹を少なからず思っていそうですが、「女友達」と強調しているからには恋の行き先に困難が見えます…(涙)
この二人の関係に、黒さが出てきた勘違い状態の未果子ちゃんがどう噛んでくるのかが、見物です。
まだ残り18巻もありますからね!
この先どんどんドロドロしてきますが、ギャグも挟みつつと明るい画風で暗くなりきらないのが読み進めやすいところです。

誰が男で誰が女かちょっとわかんなくなってきましたね(笑)
メインは4人なんですけどね。関係複雑すぎ〜!!

ちなみに2巻の表紙、未果子ちゃんの黒さエロさ満開で大好きです(笑)

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

峰浪りょうの漫画ネタバレ・あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です