スマホで読む漫画 『火葬場のない町に鐘が鳴る時』 あらすじと感想 【サスペンスホラー】

受験勉強終了!春から女子大生のさゆりです。

和夏弘雨先生の「火葬場のない町に鐘が鳴る時」という作品を読んでます♩
元々は小説だったものが漫画になった作品だそうですよ。

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時【得体の知れない化け物が。。。】

火葬場のない町に鐘が鳴る時は、真相解明と恐怖の両方が楽しめるサスペンスホラーです。
謎が謎を呼ぶ展開で先が気になり、でも先を読むのが怖いという気持ちになります。

<スポンサーリンク>

舞台となるのは人口6千人の小さな田舎町、みとず町。主人公の勇人は両親と共に10年振りにこの町に帰ってきました。
幼馴染の咲との再会を喜ぶ間もなく、夕方6時になると町の様子が一変します。
10年前、勇人がみとず町を出た後、町には大きな変化があったのです。

「夕方6時を過ぎると、町には不思議な鐘が鳴る。
その音を聞いたら夜明けまで絶対外へ出てはいけない…
冥奴様が迎えにくるから…。」

本来は鐘がなる前に家に帰っていなければならないのに、
勇人と咲は外で鐘を聞いてしまいます。
そして見てしまうのです、鐘が鳴ると現れる冥奴様を。

怖いです。冥奴様、怖すぎます。
ボロボロの格好も、真黒いビジュアルもそうですし、
ドアスコープ越しに目が合うところなんて、思わずビクッとなりました。

物語が進んでいくと、もう一人の幼馴染の山神が加わり、行方不明になった勇人の父親を探すという展開になります。
ドアの向こうには冥奴様。

でも父親を探すためには行かなくては…。
「行くな!」「行く!」というやり取りをジリジリしながら読みました。

臨場感が半端じゃないくらいあります。

3巻、4巻と進んでいくと、真相を知っていそうな人物も登場し、徐々に冥奴様の正体が見えてきます。
そして遂に勇人は封鎖された集落にたどり着きます。
勇人は、かつてこの町にいた頃の記憶が、所々抜け落ちており、
この辺りの記憶が今後鍵になってくるのでしょうか。

冥奴様とは一体?なぜ火葬場がない?など読みながらアレコレ推理するのも楽しいですし、
「早く行きたいのに冥奴様が襲ってくる」という勇人のもどかしい気持ちが、
読者に少しずつ真相が明かされる状況と重なり、緊迫したストーリーに入り込んでしまいます。
火葬場のない町に鐘が鳴る時は、怖いのにもっと読みたくなる漫画です。

漫画『火葬場のない町に鐘が鳴る時』は、スマホ漫画サイト【コミなび】で読むことができますよ♩

1巻毎買うこともできますが、1話毎に購入することも可能なので読みたいところだけ読むこともできます♩

無料立ち読みもできるので是非チェックしてみてくださいね!!

スマホで漫画を読む方法は次の記事を参考にしてくださいね。
電子コミックおすすめサイト3選!数ある中から選んだ理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。