【漫画】胸が鳴るのは君のせい 1巻5話 ネタバレと感想

こんにちは♩みさきです。
『胸が鳴るのは君のせい』を読みました♩

中2の時転校してきた有馬を好きなつかさ、周りから絶対両想いといわれ告白をいざするけれども・・・!?

胸が鳴るのは君のせい

中2の時に転校してきた彼のことがずっと気になっていたつかさ。卒業間近の中3の冬に勇気を出して告白したけれどあえなく玉砕…!!!なんか普段からよくしゃべっていてほかの子よりも自分に素顔を見せてくれてる気がして友達も「両思いじゃない?」なんて言うし、自分でも本当に好きだしすごくすごく期待して告白したら「そんなふうに思ったことなかった」ってズバッとフラレてしまった。。。そんな女の子の、片想い奮闘記☆仲のいい友人(!)を友人としてなくしたくないし、けど優しくされるたびどんどん好きになって苦しくなっていく。そんな思春期の一大事を丁寧に描いた作品です。

ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!

⇨漫画『胸が鳴るのは君のせい』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「胸が鳴るのは君のせい」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

【漫画】胸が鳴るのは君のせい ネタバレ 第五話 結びつき

▶︎胸が鳴るのは君のせい  4話のネタバレ

校門で麻友をみかけたつかさは

男子が麻友にしつこく話しかけているみたいだったので

麻友を助けようとして校門まで行き、男子を追い払います

麻友はそのことに対して迷惑といわんばかりのことをいってつかさと言い争いに

すると二人にめがけて練習中のサッカーボールが飛んできて・・・

バンッ

大きな音をたてるサッカーボール

サッカーボールは幸運にもつかさと麻友の間にあたりました

恐怖で目を一瞬つぶったつかさが目をあけたとき

目の前には麻友をサッカーボールから守るために抱き寄せた有馬がいました

それをみてしまった瞬間つかさはその場から走りだしました

自分と元カノの違いを改めて感じていました

立ち止まり泣いていると長谷部君が話しかけてきました

長谷部くんは泣いているつかさに気をつかってくれました

次の日つかさは有馬に昨日のことについて話しかけられました

どうやらあのあと二人は保健室にいったらしいです

つかさとしては昨日の出来事は思い出すだけで苦しいです

だから有馬の前から逃げるように去ろうとしました

すると有馬はつかさにむかって

「俺が大事なのは麻友じゃない!」といいだし・・・

【漫画】胸が鳴るのは君のせい 感想

なんかつかさ悪いことばっかりねー。

遊園地デートで既に沈むことが多かったのに、このサッカーボールの一件はもうね・・・有馬はつい反射的な行動だったんだろうけど、だからこそつかさにとっては辛いですね。

あの麻友をかぶった有馬とつかさが二人で目があってしまったときの顔はもう・・・無言の表情のよさがありました。その後、改めて有馬と麻友が保健室で会話するシーンがあるのですが、やはり過去にこの二人なんか普通のカップルと違う秘密がありそうです。おそらく麻友の首もとの傷にかかわるような・・・でも有馬としてはもう終わらせたい。

さて翌日つかさをつかまえ天下の壁ドンでせまってみた(?)有馬でしたがつかさの反応はいかに!?そして長谷部くんは麻友の味方それともつかさの味方??しかしここで1巻はおわりです。続きはぜひ2巻にて☆

⇨漫画『胸が鳴るのは君のせい』はこちらからどうぞ
※クリックしてトップ画面の検索窓に「胸が鳴るのは君のせい」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンからのアクセスは【BookLive!】がオススメです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です