【漫画】蛇蝎―DAKATSU― あらすじをネタバレ! 気学をつかった闇商売とは

こんにちは♩みさきです。
秋里和国さんの漫画『蛇蝎―DAKATSU―』をまんが王国で読みました。

京都にある見た目は一軒のただの帯問屋。
しかしその帯問屋の本業は気学をつかって人を殺す闇商売「蛇蝎」・「気学」という珍しい題材を用いたドキドキのサバイバルアクション漫画!

蛇蝎−DAKATSU− 1

この先ネタバレもあります♩
先に無料本編を楽しみたい方はクリックしてくださいね!

⇨漫画『蛇蝎―DAKATSU―』は無料試し読みがあります。
※クリックしてトップ画面の検索窓に「蛇蝎(だかつ)」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】蛇蝎―DAKATSU― ネタバレ

「気学を用いて人を殺めるんは、お前の代で終わりや」これは父の言葉

仙寿 亜人(せんじゅ あじん)は表向きはただの京都の帯問屋店主。

しかしその実態は気学をつかった闇商売「蛇蝎」の62代目

さてこの蛇蝎とは一体なにかというと

気学によって導き出される悪い方角等を示すことで

人を死に追いやるという恐ろしい商売だ

その気学において重要とされるのが

ターゲットの誕生日

誕生日から「本命」「月命」「傾斜」をわりだす

それからいい方角も悪い方角もすべてわかるのだ

報酬は高いが蛇蝎は人から嫌われる商売だ

ある日亜人は「気」という小さな生き物と会話をする

じつは幼いころから見えていたのだが

何者かはわからないのでずっと

ガン無視していたのだ

「気」は小さな人型をしている

顔の半分は鳥の翼のようなものに覆われ

まるで神社の神主でも着そうな着物を着ている

気が亜人の目の前に現れた目的は

「気学のつかい方を正道にもどすこと。」

気学の悪用(蛇蝎)は宇宙の自然の法に触れるからだそうだ

その「気」が表れて以来亜人はどんな相手でも誕生日が瞬時にわかるという

特別な能力をもちはじめ!?

【漫画】蛇蝎―DAKATSU― 感想とレビュー

気学というテーマが面白いです。

漫画って本当いろんな世界をみせてくれますね。

この蛇蝎というのがもともと悪いことしてるっていうのがまたよいですね。

これからはじまるのでもなく、どんどん闇に転落しているのでもなく、まるで生まれついてからの運命のように「蛇蝎」という商売をやる亜人。

しかもすでに62代目ですよ。超由緒ただしい。

でも京都が舞台で京言葉なんで、人を殺すという闇商売なのになにか品があるかんじなんですよね。

あんまり汚いかんじしないというか・・・。

そして亜人の目の前に現れた「気」がなんともかわいいです。

この子たまに大きくもなるんですよね。

さてさてこのあとは亜人の前にかわいいお嬢さんが出現してさらに面白い展開になっていきます!

 

私は電子コミックで漫画を読んでいます♩
まんが王国なら、会員登録不要の無料試し読みがあるので是非チェックしてみてくださいね!
⇨蛇蝎-DAKATSU- 無料試し読みはこちらから。

(※クリックして「蛇蝎-DAKATSU-」で検索)

 

 

   動画配信だけじゃない!「U-NEXT」  

U-NEXTは映画やドラマの動画配信サービスとして有名ですが、実は70誌以上の雑誌や漫画が読めるんですよ。

31日間の無料トライアルを利用すれば、600円分のポイントがもらえるため、最新の漫画が無料で読めるチャンス!
もちろん70誌以上の雑誌も読み放題なので是非チェックしてくださいね。

漫画だけでなく動画や映画も楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(ユーネクスト)