【漫画】17歳、キスとジレンマ ネタバレと感想

こんにちは♩みさきです。
夜神里奈さんの漫画『17歳、キスとジレンマ』を読みました。

主人公を一途に思う、いとこの男の子にキュンキュン。

<スポンサーリンク>



ネタバレが嫌いな方は本編へどうぞ!無料試し読みもあります♩

⇨漫画『17歳、キスとジレンマ』は無料試し読みがあります。
※クリックしてトップ画面の検索窓に「17歳、キスとジレンマ」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

【漫画】17歳、キスとジレンマ ネタバレ

昔から世話が焼ける優雨君
私たちの関係はこれからもずっと変わらないと思っていた。

「りりちゃん ゴメンね

僕寝坊しちゃって

りりちゃん・・りりちゃんお願い無視しないでっ」

そういっていつもながらに優雨君はりりのあとを追いかける

対するりりは「もーしゃべってないで遅刻しちゃうよっ」と

ちょっぴりイライラした口調

すると・・・「ごっごめ」といって優雨は泣き出してしまった

一瞬それをみてりりはぎょっとなって

そしてため息

これがまさか17歳男子なんて・・・

でもいまは優雨君を泣かせている場合じゃない

りりは押していた自転車にまたがり

「乗って!近道するからしっかりつかまっててよー」と優雨君を後ろに乗せて

両手を自分のお腹を抱きしめるように手を誘導した

すると優雨君は顔を赤らめて

「僕達いとことはいえ一応男と女だし・・・

いいの?こんな抱きついて・・」とボソボソといった

りりは自転車をこぐことに夢中になり

そんな優雨君の言葉をもうきいていなかった

 

学校にいくと友人からりりに合コンの誘いがまっていた

(合コン!彼氏!)

「するするする!」りりは即答した

彼氏はまだいたことがない

そういえば恋をしたこと自体あったっけ??

すると友人たちから「森谷くんは?」ときかれた

森谷くんとは優雨君のことだ

頭で考えるまでもなく即答していた

「ナイ・・・絶対ない!」

泣き虫でへタレで・・・

いつもりりがまるで姉か母のように手を焼いている存在

恋愛対象になんてなるわけがない

そのとき教室に

「森谷!キーサーマーっっ」と怖い顔したクラスの担任が現れた

どうやら先日のテストで優雨君は白紙で答案を提出したらしい

適当でもいいからなんか答えかいときゃいいのに優雨君は要領が悪い

あーぁ世話がやける

「先生 優雨君も反省してるみたいだし課題とかで許してあげたらどーですか?」

優雨君のことにはついつい口をだしてしまう

(助けてりりちゃんって子犬のような眼差しでみてくるし・・・)

その結果担任からいわれて

りりは優雨君に勉強を教えてあげることなった

彼氏をつくるための合コンはそれで行けなくなってしまった・・・

せっかく友達にモテメイクまで教わっていたのにー!

でもしょうがないか

優雨君だもんね・・・

昔も今も泣き虫でへタレな優雨君だもん

でもこのときのりりはまだ知らなかった

優雨君はすでに昔と変わっていた

成長していたということを・・・

【漫画】17歳、キスとジレンマ 感想とレビュー

身近な人ほど変化って気づかないもんですよね。

昔も今も変わってないなーって毎日のように顔をあわせた幼馴染とかほど感じるのでは?

でもある日身近な異性の変化に気づくとドキドキしちゃいますね。

 

⇨漫画『17歳、キスとジレンマ』は無料試し読みがあります。
※クリックしてトップ画面の検索窓に「17歳、キスとジレンマ」と入力して検索してくださいね。
⇨パソコンの方はこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です